毛穴に効く洗顔料ランキング

毛穴洗顔料で毛穴ケア

毛穴洗顔料に変えただけで全然違う!

 

  • 毛穴の汚れや古い角質を取り除きたい・・・
  • 毛穴の黒ずみを解消したい・・・
  • 毛穴が開いているので目立って困っている・・・

 

そんな方は、毛穴に詰まった汚れや古い角質を取り除くことができる毛穴洗顔料に変えてみませんか?

 

毛穴の汚れを吸着しながら、潤いも与えるような毛穴洗顔料が今人気になっています。粒子が細かい洗顔料や泥洗顔など、洗い上がりの肌もふんわり・しっとりします。

 

毛穴の詰まりが気になるなら、まず、日頃からしっかり洗顔して肌を乾燥させないことです。肌が乾燥せず潤っていると、弾力もあって柔らかい状態になります。

 

潤いで満たされている肌は、老化しにくいですし毛穴も目立ちにくいです。つまり、毎日毛穴洗顔料でケアをして、しっとりした肌をキープするように心がければ、自然に毛穴は目立たなくなります。

 

毛穴洗顔料を使う際には、ゴシゴシ洗い過ぎないように注意しましょう。乾燥が気になるときは、洗顔料を使う回数を減らしたり、洗う回数を減らして肌のバリア機能を保持しましょう。

 

毛穴が目立たなくなるようにするためには、毎日のケアがとても大切です。
今使っている洗顔料を話題の毛穴洗顔料に変えてみては如何でしょうか?

毛穴に効く洗顔料ランキング

どろ豆乳石鹸 どろあわわ

汚れを吸い取る泥エステ洗顔



どろあわわは2種類の泥と豆乳発酵液を配合した洗顔石鹸。髪の毛の16分の1という細かい微粒子のマリンシルトが皮脂汚れや黒ずみを分子レベルで吸着。ヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分もたっぷりで洗顔後もつっぱらないでツルツル。

価格

定期110g:1,609円(税込)
(※初回限定で半額!)

主な配合成分

沖縄産マリンシルト、ベントナイト、豆乳発酵液、ヒアルロン酸、コラーゲン、黒砂糖など

よか石けん

1700万個販売!話題のモコモコ泡洗顔



よか石けんは販売個数1700万個を突破した売れに売れている洗顔石鹸。火山灰シラスという毛穴より小さい超微粒子パウダー配合で毛穴の奥の汚れや黒ずみを解消。アロエエキスやコラーゲンやローヤルゼリーエキスなど美容成分も配合。グリチルリチン酸ジカリウム配合でニキビにも効く石鹸です

価格

単品80g:1,890円(税込)

主な配合成分

グリチルリチン酸ジカリウム、アロエエキス、ローヤルゼリーエキス、コラーゲン、緑茶エキス、ウーロン茶エキス、黒砂糖など

VCOマイルドソープ

最高級のココナッツオイル配合石鹸



VCOマイルドソープは最高級のヴァージンココナッツオイルを配合した石鹸。抗菌作用や抗炎症作用が強いココナッツオイルで肌トラブルや肌老化対策にも効果が高いのが特徴。生クリームのような泡が特徴でどんな肌質の方でも安心して使えます。

価格

単品85g:2,990円(税込)
定期85g:1,495円(税込)

主な配合成分

ヴァージンココナッツオイル、石鹸素地(植物油)、ヒアルロン酸Na、ステアリン酸、水酸化Kなど

VALANROSE 生エッセンスソープ

2種類の高級ローズオイル配合の生石けん



VALANROSE 生エッセンスソープは高級ローズオイルを使用した生石けん。毛穴の黒ずみや汚れを除去しホホバオイルやローズヒップ油で毛穴を引き締める効果も。ヒアルロン酸やコラーゲンなど保湿成分もしっかり配合しているのでツッパリ感もなし

価格

単品80g:2,625円(税込)
定期80g:1,312円(税込)

主な配合成分

ローズオイル、乳酸、チャエキス、グルコース、クエン酸、リンゴ酸、ローズヒップ油、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ホホバオイルなど

二十年ほいっぷ

直火窯練りで顔のくすみも取れる石鹸



二十年ほいっぷは北海道のホエイを配合し直火窯練り製法で作られた石鹸。ホエイの効果で汚れを落とすと同時に潤いも同時に与えてくれます。くすみが取れて肌がワントーン明るくなる美白効果があるのが嬉しい所。クリーミーでブルンブルンの弾力泡が特徴。

価格

単品120g:1,980円(税込)
定期120g:1,782円(税込)

主な配合成分

グリセリン、ローズ水、シラカンバ樹液、プラセンタエキス、フランスカイガンショウ樹皮エキス、ヒトオリゴペプチド-1、セイヨウキズタエキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、クレマティスエキス、スギナエキス、ユビキノン、アラントイン、水酸化K、ホエイなど

初めての方はどろ洗顔がオススメ

 

泥をベースにした洗顔であるどろ豆乳石鹸が人気になっています。

 

クレイが肌の余分な油脂や汚れ等、毛穴の詰まりを取り除いてくれます。クレイ洗顔は、粒子が細かいので毛穴の中の詰まりに効果があり、なんと言っても洗っている最中や洗い上がりの爽快感は最高です。

 

汚れを吸着する力だけではなく保湿成分もたっぷりなので、とてもすっきりした感じがして気分も晴れやかになります。毛穴洗顔料を使ったことのない初めての方は特にどろ洗顔はお勧めです。

毛穴洗顔料【選び方】

毛穴の黒ずみ、汚れを落とす効果が1番にあるのは“洗顔”です。

 

洗顔は毎日行いますし、外からやってきて肌の毛穴に入ってしまった汚れを落とす大切な行為です。今や様々な洗顔料が発売されていますが、どれを選べば良いのか悩むと思います。

 

正しい洗顔料を選ぶために、大切なポイントを掴んでいきましょう。

ポイント@ 自分のお肌タイプに合った洗顔料

人によって顔が違うように、お肌のタイプもそれぞれ違います。オイリー肌、乾燥肌、敏感肌、主にこの3タイプに分かれるでしょう。それぞれのタイプが持っている性質は違うので、肌タイプに合った洗顔料を使うことが1つ目のポイントとなります。

ポイントA 配合成分で選ぶ

それぞれの洗顔料は配合している成分が違ってきます。例えば保湿成分や汚れを落とす洗浄成分など。中にはニキビに有効な成分が入っているものもあったりするので、自分が希望する成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

ポイントB できるだけ無添加の洗顔料を選ぶ

香料や化学物質が入っている洗顔料は避けた方が良いでしょう。毛穴の汚れを落とすのみならば無添加のものがお勧めです。お肌に刺激を与えないことが第一なので、できるだけ添加物が少ない物やお肌に優しい無添加処方の洗顔料を選んでください。

毛穴に良い洗顔方法

あなたは自分の肌質に合わせて洗顔をしていますか?

 

一般的には、朝晩、よく泡立てた洗顔フォームや洗顔石鹸でぬるま湯で洗って清潔を保つことが良いと言われています。しかし、肌質によっては、洗い方や回数も変化させる必要があります。

 

オイリー肌の場合は、1日最低2回以上、泡洗顔をします。オイリー肌の方はどんどん皮脂が分泌されている状態ですから、

 

清潔を保つためにも毛穴を余分な皮質で目立たないようにするためにもこまめな洗顔が必要です。

 

普通肌の場合は、1日1〜2回の泡洗顔ですが、すこし乾燥が気になるときは、
あまり泡洗顔をし過ぎずに夜に1日1回のみ泡洗顔、朝はぬるま湯で洗う程度にとどめます。

 

乾燥肌の場合、泡洗顔はメイクを落とすときだけにとどめ、他は1日2回程度、ぬるま湯で軽く洗う程度にとどめます。乾燥肌は、肌のバリア機能も弱まっているので、肌を保護する意味で天然オイル(※ホホバオイルなど)をつけるのも効果的です。

 

私は、乾燥肌ですが、あるグラビアアイドルが言っていた方法を真似ています。

 

それは、夜は泡洗顔をしますが、朝はぬるま湯で洗うにとどめるか、洗わずに化粧水と乳液でケアします。最初は「洗わないなんて・・・」と思ったのですが、アルコール化粧水を使っているので、殺菌効果はあります。

 

洗いすぎている頃より、肌の状態が良いです。毛穴が詰まっているからと言って必要以上に洗い過ぎるのは逆効果です。毛穴の詰まりを取ろうとするより、乾燥から肌を守って柔らかく潤った肌を保つほうが、結局は毛穴が目立たなくなっていきます。